お1人様でも使えるくすぐり機械まとめ

この記事の所要時間: 20

自動で身体をくすぐってくれる機械は、フィクションの世界でたまに見かけることがあります。そのようなものがあったら、1人でもいろいろと楽しめますね。

現実で、マジックハンドのように本格的なくすぐり機械の普及はなかなか実現できません。それでも、くすぐったさを与えてくれるものはすでにいくつか販売されているようです。

背中やお腹、胸をカリカリとくすぐる機械「ウィーミー」

ウィーミー

ウィーミー(WheeMe)は電池で動く小型のリラクゼーショングッズです。

シリコン製の軟らかい車輪が付いており、身体の上をゆっくりと駆け回ります。傾斜センサーが内蔵されており、自動で方向を変えるため身体から落ちることはありません。

くすぐりフェチにとっての目玉は、3つのモードがあるうちの1つ、プラスチック製の細い線が回転しながら身体を撫でる「ネイルタッチアーム」モードです。柔らかな爪がカリカリと肌をなぞるような感覚が楽しめます。

本来はうつ伏せになって背中に乗せるものですが、仰向けになってお腹や胸に乗せると、一味違ったくすぐったさが楽しめるでしょう。

価格はAmazonで6,000円ほど。特許取得済、テレビでも紹介された経験がある、6ヶ月の保証付きなど安心・信頼感がある製品です。

海外発「TICKLESEAT」の効果は未知数、くすぐりと性感の間ぐらいか

tickleseat

TICKLESEATは海外で開発、販売されている製品。ローラーが回転して、背中や腰、お尻などを刺激するという、マッサージチェアに近いものになっています。

公式では女性と親密度を高めることを目的としており、車のシートに取り付けて、ドライブ中にセクシャルな雰囲気に持っていくことを想定しているようです。

そのため、TICKESEATという名前ではありますが、どちらかと言うと性感マッサージに近いくすぐったさだと予想できます。公式サイトには女性の体験動画があるため、彼女たちの反応を見て参考にしたいですね。

価格は$99.69。米国内は送料無料ですが、それ以外だと別途問い合わせる必要があります。

「くすぐりフェチのことが分かるサイト(仮)」では、随時新しい情報を募集しております。「実際に使ってみた」「他にこんなものがある」などございましたら、どうかコメントにてご教示ください。