くすぐりプレイは浮気? 法律における離婚の基準

くすぐりプレイは浮気? 法律における離婚の基準
この記事の所要時間: 41

くすぐりプレイはセックスと違って挿入しない行為です。そのため、パートナー以外と行っても「浮気ではない」と主張する方が少なからずいます。

実は、これは法律の観点から言えばけっして間違いではありません。しかし、だからと言って安易な行動に走ると、痛い目を見ることは明らかです。未婚・既婚関わらず注意しましょう。

くすぐりプレイは民法上の「不貞行為」にはならない

時には離婚問題になることもある「不倫」。浮気とのニュアンスの違いはさておき、民法770条では「不貞行為」という言葉で一括りにされています。その意味は、「配偶者のある者が、その自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つ」ことです。

ここで、民法の原文を見てみましょう。

(裁判上の離婚)
第七百七十条  夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一  配偶者に不貞な行為があったとき。
二  配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三  配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四  配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
2  裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

この文章から、不貞行為は離婚の訴えができる事由として認められていることが分かります。

しかし、問題は「くすぐりプレイは不貞行為なのか?」ということ。答えは「NO」、不貞行為の意味にある「性的関係を持つ」とはセックスを指し、くすぐりプレイはあくまで身体を触り合うだけだからです。ただし、場の流れで挿入した場合はもちろんアウトです。

不貞行為でなくても離婚事由にはなる

ここだけを解釈すると「どんな相手とくすぐりプレイしても良い」と思いがちです。しかし、不貞行為だけが離婚事由ではありません。特に注意したいものは以下の文章。

五  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

つまり、パートナーがくすぐりプレイについて思うことがあるなら、離婚は成立するということです。

この「継続し難い」という部分の基準は曖昧です。キスをしただけで成立することもあれば、ペッティングを行ったにも関わらず棄却されることも。

以下のような文章が記載されていることからも、実際の状況やお互いの心理状態、裁判官の裁量によるところが大きくなります。

2  裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

既婚者とのプレイでも慰謝料を請求されるリスクあり

不貞行為にまつわる問題は独身の方でも気を付けたいところ。万が一既婚者と関係を持ってバレた場合、慰謝料を請求されることがあります。これは民法709条によるものです。

(不法行為による損害賠償)
第七百九条  故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

法律の文章は言葉1つ取っても注意深く読まなければならないため面倒ですが、主なチェックポイントとしては以下の2つです。

・故意・過失があった:相手が既婚者だと分かっていて関係を持った。もしくは、注意していればそのことに気付けた。

・権利を侵害した:夫婦間における、配偶者の「平穏・円満な共同生活を送る権利」が侵害された。

また、以下は民法719条の文章。要約すると「連帯責任」ということです。上記を満たしているなら、「相手が悪い!」などと言い訳しても逃れられません。

(共同不法行為者の責任)
第七百十九条  数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とする。
2  行為者を教唆した者及び幇助した者は、共同行為者とみなして、前項の規定を適用する。

パートナーを思いやって誠意ある行動を心掛ける

まとめると、「くすぐりプレイは不倫にはならないが、離婚事由にはなり得る」ということになります。しかし、その判決はその時次第。場合によっては、夫婦関係を続けることもできます。

しかし、法律でどう理屈をこねても、気持ちを裏切られた側の心境は変わりません。仮に離婚請求が棄却されたとしても、その後に円満な仲を保つことはほとんど不可能です。夫婦ではなく恋人関係なら、ほぼ確実にフラれるでしょう。

「これぐらいなら大丈夫かな?」などと変にボーダーを測らず、最初から誠意ある行動を心掛けましょう